重稀土的添加

在燒結釹鐵硼的成分配置過程中,添加鏑(Dy)、鋱(Tb)或其他重稀土能有效地提升磁體的內稟矯頑力(iHc),使其能夠應用的範圍更加擴增。其成品之主合金的成分要與釹鐵硼的成分接近,輔合金為稀土的釹(Nd)、鐠(Pr)、鏑(Dy)、鋱(Tb),並含有鈷(Co)、鉲(Al)、鋦(Cu)、鎵(Ga)、鉝(V)、鈦(Ti)等的一種或兩種以上的成分。根據製造技術的差異,可分為:

1. 單合金(直接合金)技術 2. 雙合金(混合合金)技術 3. 晶界擴散(滲鏑/鋱)技術


ネオジム磁石の材料調整の流れで、保磁力を上げるために、ジスプロシウム(Dy)、テルビウム(Tb)などのほかの重希土類を添加します。応用範囲もさらに拡大させます。完成品のメインメッキ材料とネオジムが近くて、サブメッキ材料のはネオジム(Nd)、プラセオジム(Pr)、ジスプロシウム(Dy)、テルビウム(Tb)です。

そしてその完成品にコバルト(Co)、アルミニウム(Al)、ガリウム(Ga)、バナジウム(V)、チタン(Ti)などの一つあるいは二つの材料が含まれています。

製造技術によって、下記のように:

1.一合金法 2.二合金法 3. 粒界拡散合金法