稀土磁鐵與非稀土磁鐵


非稀土磁鐵擁有悠久的歷史,其大量生產並於工業上的應用於20世紀中期逐漸臻至成熟。直到20世紀晚期,稀土磁鐵隨著粉末冶金技術的發展而興起,非稀土磁鐵才從中區分出來。

稀土磁鐵是由稀土元素和鐵磁性元素化合冶鍊而成,其能產生強大的磁場,且具有優異的保磁力。其磁體脆而易裂,且易遭受腐蝕損耗,因此一般會以其他金屬作為其鍍層,保護稀土磁體。

常見的稀土磁鐵包括:於20世紀70年代開發的鈷釤磁石,為首批量產的稀土磁鐵;另有現今應用主流的釹鐵硼磁鐵於1984年上市。

非稀土磁鐵,常見的則有氧化鐵和鋁鎳鈷磁鐵,其工序相對簡單而有成本優勢,且毋須依賴稀土礦原材料生產。


希土類磁石は長い歴史があり、産出量が高く20世紀中期からだんだん成熟していきました。20世紀末期まで粉末冶金技術の展開とともに勢いが盛んになり、非希土類磁石から分けました。


希土類磁石は希土類元素と強磁性元素を製錬してからものです。

強力な磁場を生まれ、優れた保磁力を持っていますが、磁石が弱くて割れやすくて、更に腐食しやすい性質があります。そのために一般的にほかの金属メッキを施していて磁石を守ります。


よく見る希土類磁石:

20世紀から70年代まで開発したサマコバ磁石は、初めて大産出の希土類磁石です。

また現在主流になっているネオジム磁石は1984に発売しました。

よく見る非希土類磁石はフェライト磁石とアルニコ磁石です。

生産方は希土類磁石より簡単で、コストメリットがあります。そして希土類原料に依存して生産する必要がないです。