top of page

環境試験 ─ 加速劣化試験



磁石をデザインし、応用分野評価の時に、性能考えの以外に、磁石がこの環境で性能を見せるできるかどうか、そして持続できる時間の考えが重要です。

このために環境試験を設けられた品質管理プログラムです。

磁石は実際の環境をシミュレーションし、磁石の変化を観察して、現実的な時間の試験で長期の劣化に代える。


加速劣化試験は磁石を測定する際に最もよく使われる環境試験の一つです。

このシリーズの試験は、圧力、温度、湿度及び接触物質などの環境条件を増加し制御し、磁石が受ける可能性のある環境影響を強化します。

言い換えれば、磁石を極端な実験環境に露出させることにより、磁石の長時間の実際環境における変化をシミュレーションします。

加速劣化試験は、測定時間を有効に短縮し、磁石が特定の期限と実際の環境で有効に動作することをある程度を確保することができます。

常用する加速劣化試験は、次のような四つの種類があります。





1.HAST ─ 高加速ストレス試驗

HASTはHighly-Accelerated Temperature and Humidity Stress Testの略称ですが、別名は不飽和加圧蒸気試験です。

磁石本体を湿気に対する評価するという目的で、耐食性と高さが関係ありです。

製品の需要に応じて、高い温度の環境条件、(飽和していない)湿度及び気圧に設定しました。高気圧によsって、湿気をより速く磁石表面から内部に浸透させます。磁石構造と表面の緻密度が結果に影響する要因となります。

参考資料はJEDIEC 22-A 118です。


低失重量試験(Low Weight Loss Test)は、HASTから引出される試験です。

風力発電、モーター及びあい永久磁石のモーターの発展に応じて、めっきなしの磁石の需要が増加し、その耐食を評価するための試験もさらに重視されています。

試験基準した磁石は低重量磁石と呼び、その環境条件と測定基準は以下の通り:




2.PCT ─ オートクレーブ試験/飽和加圧蒸気試験

PCTはPressure Cooker Testtの略称です。

磁石の耐湿性、耐食性を評価するという目的です。

製品を加温、加圧、飽和湿度の環境に置いてる状態で、錆びを加速させて磁石メッキ層を耐えられるかどうかはこの試験のポイントです。


飽和していない湿度状態のHASTとは違い、その環境条件は飽和湿度、摂氏120度、2大気圧力に設定され、試験時間は24時間です。4時間は最短時間単位で累計します。

参考資料はJESD 22-A 102-Cの締結条件です。


3.塩水噴霧試験 (SST)

この試験は磁石が腐食や錆びに耐える能力を評価という目的ですが、短い時間で自然環境に露出している磁石の変化をシミュレーションできます。

この磁石のめっき素材と厚さは大切な役割を果たしました。風力発電、交通電機などの応用に適しています。


試験箱内は摂氏35度の温度設定で濃度5%の塩化ナトリウム水溶液で噴霧を続け、磁石の腐食状況を観察して耐食度を測定しました。

製品によって異なる使用需要のため、試験温度と時間は調整されますが、

時間は基本的には24時間単位で倍数で積算されています。

参考資料はASTM国際規格によりASTM B-117です。



4.熱劣化試験 (TAT)

前に述べた試験とは違い、磁石の耐食性や腐食性を中心として、熱劣化試験は高温環境に耐えた状態で、相当な磁気特性を保持しているかという試験です。

高い温度の環境で磁石を使っている適用されます。

試験では、完成品を特定温度で1~2時間を熱処理し、磁束密度の低下程度を測定します。低いということは、マグネットの耐熱度が良いということです。






Comentarios


單位換算
bottom of page