top of page

希土類磁石と非希土類磁石

希土類磁石は長い歴史があり、産出量が高く20世紀中期からだんだん成熟していきました。20世紀末期まで粉末冶金技術の展開とともに勢いが盛んになり、非希土類磁石から分けました。


希土類磁石は希土類元素と強磁性元素を製錬してからものです。

強力な磁場を生まれ、優れた保磁力を持っていますが、磁石が弱くて割れやすくて、更に腐食しやすい性質があります。そのために一般的にほかの金属メッキを施していて磁石を守ります。


よく見る希土類磁石:

20世紀から70年代まで開発したサマコバ磁石は、初めて大産出の希土類磁石です。

また現在主流になっているネオジム磁石は1984に発売しました。

よく見る非希土類磁石はフェライト磁石とアルニコ磁石です。

生産方は希土類磁石より簡単で、コストメリットがあります。そして希土類原料に依存して生産する必要がないです。



Comentarios


單位換算
bottom of page