top of page

稀土元素


希土類元素又はレアアースは元素周期表の中で、スカンジウム(Sc)、イットリウム(Y)、ランタン(La)の17種類の金属化学元素から構成されています。

文字の通りで希少金属という意味していますが、実際には地殻の埋蔵量は低くはありません。ただ分布がかなり分散していて、商業採掘としての鉱脈が少なので、レアアースの名前が付けられています。

圖片轉載:BBC中文站

輕稀土與重稀土


希土類元素は原子電子層構造、物理化学的性質、鉱物中の共生状況及び異なるイオン半径によって異なる性質が生じてから分類がありましたが、その中で最も一般的なのは原子秩序(単原子の重さと理解できる)で次の2つに分類される。


軽希土類元素:ランタン(La)、セリウム(Ce)、プラセオジム(Pr)、ネオジム(Nd)、プロメチウム(Pm)、サマリウム(Sm)、ユウロピウム(Eu)、ガドリニウム(Gd)。

重希土類元素:テルビウム(Tb)、ジスプロシウム(Dy)、ホルミウム(Ho)、エルビウム(Er)、ツリウム(Tm)、イッテルビウム(Yb)、ルテチウム(Lu)、スカンジウム(Sc)、イットリウム(Y)。


現在は国防工業、冶金、機械、電子、石油、化学工業、ガラス、陶磁器、紡績、皮革、農牧養殖などの各伝統分野に広く使われています。

鉄鋼や非鉄金属に極めて少量の希土類を添加し、改質添加元素として、金属材料の強度、耐摩耗性、耐腐食性を明らかに改善します。


Comments


單位換算
bottom of page